5月病な日々

さつきがいろいろ書くブログです

背筋の悪さが再検査を引き起こした

学校で行われた健康診断にて、再検査を食らった。

うちの大学の健康診断はごく簡単なもので、内科検診、胸部レントゲン、検尿、そのほか身長体重血圧は自己申告制である。

春休み中に行われるんだが、私は前日に東京に遊びに行っており、当日の朝帰ってきたその足で受診することになった。

当然眠い。頭の中は布団のことでいっぱいである。

とりあえず時間的に制限のある内科から順番に受診しようと当該教室に向かう。と、待機列ができていた。

全員男である。

内科は女子と男子で時間制で完全に分けられており、女子の時間は先だったため、若干遅れて行った私は女子の時間と男子の時間の境目にぶち当たってしまったようだ。

とりあえず男子に混じって待機していると、アシスタントらしい女性の方が教室から出てきた。

「検診が終わっていない女性の方はいませんかー!」

先にお伝えしておくが、私は出てきた彼女の目の前で待機していた。

完全にスルーである。

いくら私が(よく言えば)ボーイッシュだからと言ってこの仕打ち。流石に衝撃だった。

いつまでも衝撃を受けていられないので自分から手を挙げると、アシスタントらしき女性は「あ…ごめんなさい、気づかなかった」と言って私を教室に招き入れた。

気づかなかった、が「(女の子であると)気づかなかった」なのか、「(そこにいることに)気づかなかった」なのかはわかりかねるが、まぁどっちでもいいことだろう。

私以外に教室にいる生徒は、既に検診が終了したらしき女生徒と、何やら座って書き物をしている保健委員らしき女生徒のみであった。

まさに独壇場。どんだけ脱いでも大丈夫である。

などと考えているうちに、あれよあれよと椅子に座らされ、あっという間に腹に聴診器を当てられ、首に手を添えられ、特に問題がなかったようで後ろを向かされていた。

通常の流れであれば、背中にも聴診器を当てられ、異常なしで終了のはずだった。

「ちょっと立ってみて」

 え、とおもった。

何かあったのだろうか。生まれてこのかた内科検診で立たされたことなどない。内心ビビりながらも仕方ないので立ち上がる。

「まっすぐ立ってみて」

 相変わらずビビりながらも、自分の出来る全力のまっすぐを見せる。と、「あーなるほどねーありがとう、もういいです」の声とともに拍子抜けするほどアッサリ解放された。

しかし、私は見てしまったのである。健康カードに「再検査」の印が押されるのを。

「再検査」。数々の健康診断をくぐり抜けて来た私だが、そんなものを食らうのは初めての経験である。

「再検査」印の隣には「側湾症」と書かれていた。聞いたことのない病名である。読み方もよくわからない。

あまりに不安になったので、保健室の先生にカードを提出する際質問してみた。

「あの、この再検査って…」

「再検査…ソクワンショウね。見たところたぶん背筋が悪いだけだとおもうけど、一応整形外科で再検査を受けて書類貰ってきて」

背筋が悪いだけだとおもう、とは。

更にいろいろと質問したかったが、その時点で健康診断受付締め切り時間ギリギリだったため、すごすごと引き下がってしまった。早めに行こうとはしないくせに、こういうところは気を遣ってしまうのである。

家までの道中、車を走らせながら外を見た。世界はすっかり春の装いで、皆新たな出会いの予感に顔を明るくさせているように見えた。

一方自分はどうだ。今更新しい出会いなど期待してはいないし、やらねばならないことは山積みだし、挙げ句の果てに再検査である。よくわからないが背筋が悪いだけで病院に行かねばならないようである。

あの医者結構な年齢に見えたが、適当に診察したんじゃないのか。などと、すっかり春の空気に似つかわしくないどんよりした気持ちの私に、「再検査」の三文字が重くのしかかる。

もちろん背筋は曲がっていました。